街歩き録 豊島区さんぽ1(あずま通り~法明寺~鬼子母神~東池袋駅)

こんにちは。

久々に街歩きログです。そろそろ涼しくなってきそうですし、さんぽしながら面白いエリアをどんどんご紹介していけたらと思っています。

今回のルート

今回のルートはこちら。

南池袋・あずま通り~法明寺~鬼子母神~(都電沿いを北に)~東池袋駅

ざっくり言うと、南池袋・雑司が谷周辺です。






この辺りは、私が今の仕事に就く前、資格の勉強をしている頃からのなじみの土地でして、勉強中気分転換に歩いたり、歩きながら現実逃避したり(笑)

もちろん、池袋を仕事場にしてからも、幾度となく訪れている場所でもあります。

南池袋、雑司が谷周辺は、池袋駅から徒歩圏ながらも、繁華街の雰囲気とは一味違って、緑の多いゆったりのんびり落ち着いたエリアです。

神社仏閣や大学や専門学校などの文教施設も多いですし、ちょっと通りから外れると住宅街といった趣。また、エリアの真ん中を都電が通っているのも良い感じです。

また、エリアのところどころから池袋の高層ビルを見ることができ、街歩きする際の楽しみでもありますね。

南池袋・あずま通り~法明寺

スタートは南池袋のあずま通りから。

あずま通りとは、「南池袋一丁目」交差点から都電雑司が谷へと続く通りで、交通量や人どおりも多く活気のある通りです。学校や予備校も多いので若い学生さんのグループをよく見かけます。

飲食店も多くランチするにもうってつけの場所なんですよね。繁華街のエリアほど混雑しないですし。

なお、「南池袋一丁目」交差点にはジュンク堂書店無敵家という有名なラーメン屋がありますね。

ちょうど東池袋エリアの南に位置しているエリアなので、建物と建物の間にところどころサンシャインが見えますね。

そのあずま通りの中間あたりの南側の歩道に、「法明寺参道口」という表札?が。

そちらを進んでいくと、何とも奥ゆかしい路地があります。その名の通り、法明寺というお寺に続く通りです。

しばらく歩くと境内に行き着き、境内を左に曲がると本堂が目に入ります。

こちらでまずはお参りを。

境内には緑も多く、お参りや散策するにはとても良い場所です。

参考:威光山法明寺
http://www.homyoji.or.jp/index.html


法明寺~鬼子母神

お参りを済ませ、法明寺の本堂を背にして歩いていくと、鬼子母神堂の敷地に行き着きます。

こちらでもお参りを。

鬼子母神は法明寺から目と鼻の先なので、何か関係があるのかなとずっと思っていましたが、調べてみると法明寺が鬼子母神の本院という関係性のようですね。

って初めて知ったような感じで書きましたが、実は以前本業のサイトのほうで鬼子母神の探訪記事を書いた際に同じこと書いたことを思い出しました(笑)
参考記事:豊島区探訪シリーズ2 雑司が谷・鬼子母神

参考:鬼子母神
http://www.kishimojin.jp/

鬼子母神をお参りしてからは引き返さずに参道の方面へ歩いていきます。

「学問所雑司明哲院」という史跡を見つけましたが、中に入ることはできるのでしょうか。

参道にて野良猫と目が合いました。カメラを向けたら、目線くれました。

右は参道の途中に「雑司が谷案内処」という案内所やカフェがあるあたりですね。

池袋から至近であるとは思えないほど、風情のあるエリアです。


鬼子母神前停留場から東池袋方面へ

参道の途中には、都電荒川線(東京さくらトラム)の鬼子母神前停留場があり、その近くには東京メトロ副都心線の雑司が谷駅があります。

続いては都電沿いを東池袋方面へ進んでいきます。

私の好きな風景の一つ、雑司が谷方面から池袋のビル群を眺めた画。

土地が低くなっている分ビル群を見上げる形になるので、天気の良い日だと青空に高層ビルが映えるんですよね。

数分歩くと都電雑司が谷停留所に行き着きます。踏切を渡って真っすぐ進むと先ほどのあずま通りに行き着きます。

逆側は雑司が谷霊園

都電の写真を何枚か撮りたかったのですがうまくいかず。

歩いていたらもう豊島区役所のすぐそばまで来てしまいました。

東池袋の駅周辺に辿り着きました。今回はここまで!

写真の向こうには池袋のグリーン大通り、そして池袋駅東口方面。

今回訪れたエリアは豊島区の中でも街歩きするには最適の場所です。

池袋に来られる際には少し足をのばしてみてはいかがでしょうか。

a.ito




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ

人気ブログランキング

    コメント