探訪録 立川「昭和記念公園」Flower Festival 2021~チューリップ、ネモフィラ、菜の花

こんにちは。

2021年の春、昨年から続くコロナ禍や仕事でのバタバタがあり、遠出の機会も少なくなってしまっておりました。

残念なことに、桜の時期もお花見ができずじまい。

4月に入って、ようやく休みに出かけられる気分にもなりまして、昨年に鑑賞することができなかったチューリップ畑へ。

広いところだと、立川の「昭和記念公園」か、大宮にある「大宮花の丘農林公苑」あたりが良いかなとリサーチしました。

今回は、アクセスの良さ等から昭和記念公園のチューリップガーデンに行くことにしました。


チューリップガーデンのある「渓流広場」周辺、場所はこちらです。

自宅のある練馬区からだと、いったん中央線沿いに出てそこから立川方面に向かう形だとスムーズに行けそう、ということで、都営大江戸線を経由して立川駅に向かいました。

JR立川駅は学生時代暮らしたエリアから近く、勝手知ったるところではありましたが、昭和記念公園まで足を延ばしたことはなく。

駅から遠いのかなと思いきや、徒歩10分弱で昭和記念公園の「あけぼの口」にたどり着きました。

到着したのは午前10時頃、天候もとても良く、ご覧の通り空の色が鮮やかなブルー。

色とりどりのチューリップとの相性も良さそう!

ということで、園内を徐々に歩いていきます。

途中からは有料エリア、入園ゲートのところで料金を払いまして入場。

実をいうと、この時はチューリップの咲いているエリアへの距離や園内の広さがあまりわかっておらず、歩いていくごとに若干のしんどさを感じてしまいました(笑)

実際のところ、あけぼの口からチューリップの場所まで20分程度かかったかと思われます。

上の写真のゲートからもさらに歩きます(事前に念入りにリサーチしておくべきですよね)。

道の途中には、大きな噴水や、原っぱの真ん中に鎮座する大きな欅の木など、興味をひかれる箇所もいくつかありました。


さあ、一生懸命歩いてようやくたどり着いたチューリップガーデン!

実際は脇から入場したのですが、ネモフィラの花が咲いているエリアに接しているところに大きなプレートがありました。

ここで撮影した時はお昼近くになっていましたが、チューリップを見に来る人もかなり多くなっていました。

さて、チューリップガーデンは、渓流広場という水辺に沿ってチューリップが咲いていて、その周囲には木々が生い茂っています。

その分、日向や日陰ができて、光の加減で写真の映り具合や、実際に目で観る景色も独特。

まずはふらっと眺めながら一周していきます。

日当たりのよいところ、陰にならないところだと、光の加減で花の色が鮮やかに見えます。

チューリップの見ていて楽しいところは、色とりどりの品種があるところ。

赤、白、黄色やピンク。他の花との組み合わせでも、キレイに映りますね。

チューリップガーデンの向こうには菜の花畑、そしてその奥に欅の木。

ざっくり眺めた後は、ちょっと視点を変えて、レイアウトや色の組み合わせにも注目。

一番人の多かったエリアはこのあたり。

まるで虹のようにチューリップが植えられています。

同じ場所をちょっと遠めから。

その他、円形になっていたり、波のように境目がうねっていたり、ポツンと島のようにチューリップが植えられていたり。

なかなか長時間滞在するのも大変でしたので、一通り回った後はかいつまんで鑑賞したのですが、天気の良い日は日向と日陰が時間の経過と動いていくので、変化も面白そうです。


気になった品種。

まずは、トムポーズという種類。

黄色とピンクのグラデーションが素敵でした。

上から見下ろすように見てみましたが、なんだか不思議な感じです。

続いて、マリアージュ。

一般的なチューリップとは若干異なり、ピンクの八重咲きでゴージャスな雰囲気を持っていますね。

最後は、ムスカデッドとイエローマルガリータという黄色系の品種の組み合わせ。

背の低いほうがイエローマルガリータ、背の高いほうがムスカデッドのようです。

同系色の異なる二種類の組み合わせもなかなか迫力ありました。

その他、気に入ったところといえば、チューリップや他の花が植えられた色とりどりの、いわば盛り合わせのような区画がありました。

カラフルでとても鮮やかですよね。

この彩りが植物によって構成されるというのがなんともすごいです。

チューリップはこちらでおしまい。

今回の目的はチューリップでしたが、ちょうど同時期に菜の花とネモフィラが咲いていて、場所がチューリップガーデンと隣接する形でしたので、併せて鑑賞することに。

ネモフィラ

ネモフィラ畑からチューリップガーデンを見る図。

 

菜の花

リンク:昭和記念公園 Flower Festival 2021 4/5~5/30

リンク:国営昭和記念公園

当日は、午前中に入園しお昼頃に公園を出ましたが、園内はかなり広く、池や日本庭園、広い原っぱなど他にも見たり訪れるところは沢山あります。

徒歩ですべてまわるのはかなり大変ですが、レンタサイクルもあるみたいなので一日楽しもうと思えば楽しめるかもですね。

今回は久々のちょっとした遠出で、良い気分転換になりました。

最後におまけ。スマホで撮影分。

a.ito







にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ

人気ブログランキング

    コメント