探訪録 武蔵村山「ひまわりガーデン武蔵村山」のひまわり畑!

こんにちは。

ひまわりといえば、夏の植物の代表格ですね。

夏になるとひまわりを目にする機会も多くなりますが、見頃の時期自体はそれほど長くなく、油断していると見逃してしまいます。

ということで、今年も東京郊外のひまわり畑に向かおうと計画。

昨年2019年の夏は、清瀬ひまわりフェスティバルに出かけたのですが、2020年の夏はコロナウイルス感染拡大の影響で中止とのこと。。。

探訪録 清瀬ひまわりフェスティバル2019・見渡す限りのひまわり畑!
こんにちは。 今回は東京23区を離れて、清瀬にあるひまわり畑まで行ってきました。 この時期は、「清瀬ひまわりフェスティバル」というイベントが実施されていて、都内最大級のひまわり畑を楽しむことができます。 ...

そこで、今回訪れることにしたのは「ひまわりガーデン武蔵村山」のひまわり畑!


こちらもコロナの影響でイベントが中止になったようですが、幸い開園はするようだったのでひと安心。

開催期間 2020年7月23日〜8月16日(日)

都内からだと多少時間はかかりますが、その分周囲の雰囲気、景色も変わりますので移動も楽しいもんです。

「ひまわりガーデン武蔵村山」のひまわり畑の場所はこちらです。

公共交通機関で向かうには、西武拝島線・多摩都市モノレールの玉川上水駅からバスで向かうか、多摩都市モノレールの上北台駅から徒歩かどちらかになるかと思います。

私は上北台駅から徒歩を選択。

西武線で玉川上水駅まで行って、そこから多摩都市モノレールに乗り換え。

多摩都市モノレール、玉川上水から上北台までふた駅。

上北台駅はモノレールの北端の終点駅です。

モノレールを降車し、駅を出て振り返ってみるとレールが途中で終わっていますね。

ここから徒歩で10分程度。

暑さ対策で午前中に向かったのですが、この時点で既に高温。

暑さや日焼けを避けるのであれば、バスで向かうのが良いのかもしれません。

新青梅街道沿いを歩いていくと、やがて緑の多い敷地の一角に差し掛かります。

それがひまわりガーデン武蔵村山の敷地です。

少し遠くにひまわりの花たちが見えますね。

さて、中に入りましょう!!!


中に入ると早速手指の消毒を求められます。仕方なし。

また、必須かどうかはわかりませんが、園内は人が多く行き来するので実質的にはマスク着用が必要。これも仕方なし。

もちろん、高温の屋外ですので、人のいないところでマスクを一時的に外す、水分を適度に摂取する等で対処。

園内の様子ですが、区画ごとに区切られたところにひまわりがぎっしりと咲いています。

区画によって成長度合いが異なるのか、少々ぐったりしている花もあればちょうどキレイな具合に咲いているエリアもあり。

よくよく見ると、頭が垂れているひまわりもありますね(笑)

暑い日が続いていたので、少しお疲れ気味のひまわり。

また、ひまわりと一言で言っても品種がたくさんあって、こちらの園では品種ごと区画に分けられて植えられています。

背の高いひまわりもあれば、小さいものもあり。

まずは、各区画ごとに植えられているそれぞれの品種を見ていこうと思います。

良さげなものは写真に収めつつ鑑賞していきました。

 

・サンリッチフレッシュオレンジ

名前の通り、オレンジ色の強い花弁が特徴ですね。

花の形も整っていてキレイな印象。

 

・ロシア

ロシアの特徴は丈の長さで、空に向かって伸びているような感じで、青空ともマッチしますね。

こちらの品種が多く咲いている区画はひまわりに囲まれている雰囲気が味わえます。

ポートレートの撮影をおこなっている人やグループでの記念撮影をしている人が多かったです。


・バレンタイン

バレンタインはクリーム色のような花弁が特徴的です。

他の品種よりも少しだけ涼しげな色合いが暑い夏の日には良いですね。

 

・ハイブリッドサンフラワー
スタンダードなひまわりの形に近い品種ですね。

真っすぐ花を咲かせているところが力強さを感じさせます。

 

・ビッグスマイル
少し小ぶりな品種ですが、かわいいながらもキリっとした表情が素敵です。

・クラレット
花びらが特徴的な色をしていて、まるで絵の具で描いたような不思議な品種。

・ルビー
こちらも褐色系の花で、クラレットとも近いですね。

花によっては先端が淡い色になるようなるようです。

 

上でご紹介したのは一部で、他にも魅力的な品種、花々がたくさんありました!

ここからはキレイに撮れた写真を何枚か挙げていきます。

ひまわりは青空との相性が良い花なので、下から見上げるように写真を撮ってみました。

サンフラワーという英語名の通り、青空と合わせると太陽に見えてきますね。

また、時々人の顔のようにも見える時がありますよね。

その観点からはハンサムなひまわりを探してみました。

少々特徴的ではありますが、キレイですね。

なんだか自己主張の強い花のように見えたので、思わず撮ってみました(笑)

そして、たくさんの花をつけたひまわり。

その他、園内の様子は動画にもしてみましたので、ぜひご覧ください!


あとは特徴的だったところをご紹介していきます。

背の高いひまわり。これらに囲まれるとまるで迷路に迷い込んだかのような気分に浸れます。

園内の通路も高いひまわりのところどころにも設けられています。

続いて、不思議な形をしたひまわり。

このような咲き方をする品種なのでしょうかね(笑)

最後はこちら。

花びらごと下に落っこちてしまったひまわり。

ちょっと悲しいですが、これも何だか味のある風景。

一周してからは、園内にある見晴らし台から全体を眺めてみました。

こうやって見ると広さが実感できますね。

暑い中だったのであまり長居はできませんでしたが、今年もひまわり畑にやって来ることができて嬉しかったです。

有難いことに仕事もなかなか忙しく、また、猛暑や雷雨、コロナの影響等で外出もしづらい時期だったからこそ、貴重な夏休みとなりました。

暑い日にお出かけされる方は暑さ対策をしっかりとしてくださいね!

リンク:ひまわりガーデン武蔵村山

a.ito







にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ

人気ブログランキング

    コメント