食べ歩き録 有楽町「バインセオサイゴン」牛肉にんにく炒め入りフォー!

こんにちは。

品川方面にて所用を終え、少々遅めのランチをしようと乗り換えついでに有楽町をぶらぶら。

遅い時間帯だったので、駅近くの商業施設の中ならどこかしら営業してるかな?ということで、有楽町イトシアに入りました。

有楽町イトシア前

イトシアの地下一階。

「イトシアフードアベニュー」という名前で、多種多様な飲食店が並んでいます。

有楽町イトシア 地下一階 飲食店街

この時は所用が済んで移動した後だったので、疲れから少々さっぱりとしたものを頂こうかなと考えていたところ、ベトナム料理のお店を発見!

お店の名前はバインセオサイゴンというらしい。

有楽町イトシア バインセオサイゴン 店前

私の中では、ベトナムというとフォーのイメージが強く、あっさりさっぱりとしたランチが食べられるかなと思いまして、お店の前へ。

有楽町「バインセオサイゴン」の地図はこちら。


メニュー・注文システム

バインセオサイゴンのランチメニュー。

ベトナム料理の定番、フォーもありますが、思ったよりもバラエティ豊かな構成。

有楽町バインセオサイゴン ランチメニュー

それと、ランチメニューとは別に「ねぎフォー」というものがあるらしい!

その名の通り、青ネギたっぷりの牛肉フォー。

牛肉入りと牛肉にんにく炒め入りの二種類があるのか。

ランチよりもこちらに惹かれました。

有楽町バインセオサイゴン ねぎフォー

特に、牛肉にんにく炒め入りのほうのビジュアルにかなり心を奪われ。

あっさりしたもの食べたかったんじゃなかったのか(笑)

有楽町バインセオサイゴン ネギフォー 牛肉炒めニンニク

いろいろと思案した結果、心のままにということで。

いざ入店!

 

店内の様子

店内はベトナムを思わせるような装飾。

かなり余裕のあるゆったりとしたスペース、キレイな店内。

ランチタイムを外したせいか、この時は私ひとりでした。

有楽町バインセオサイゴン 店内の様子

こちらは入り口付近の様子。

店名の文字のデザインがかわいい。

有楽町バインセオサイゴン 店内・入り口付近

テーブルには魚醬、テンメンジャンが備えてあります。

フォーの味変にも使えそうです。

有楽町バインセオサイゴン 調味料


実食

しばし店内の様子や卓上の調味料を見ていると、食事が運ばれてきました!

透明な透き通ったスープのフォーに、青ネギが大量に乗っています。

そして、美味しそうな牛肉とたっぷりのニンニク。

小皿には、パクチー、唐辛子、レモン。こちらはお好みで!

有楽町バインセオサイゴン 牛肉炒めにんにくねぎフォー

まずは麺からいただきます。

お箸で持ち上げてみると・・・平打ち麺でした!

食べてみると、食感、喉ごし共にグッド。

モチモチ、そしてツルツル、これはたまらない。

ネギとの食感の対比も面白い。

スープはニンニクのフォーと言いつつ、スープ自体はそれほどこってり感はなく、さっぱり食べられます。

上にあるニンニクを徐々に溶かしながら食べていきます。

有楽町バインセオサイゴン 平打ち麺フォー

途中まで食べたところで、先ほどの魚醬とテンメンジャンを投入!

魚醬はベトナムやタイでは定番の調味料、フォーに加えると相変わらず味に深みを出してくれますね。

一方のテンメンジャン、フォーに合うんか?と少々疑心暗鬼になりつつ試してみました。

今思えば、他の料理に使用するものなのかなーと思いつつ。。。

でも、意外にコクが加わっておいしい!

単体で食べると甘味の強いお味噌という感じですが、あっさりスープに良い具合にコクが足されて味変としては成功ですね。

まあでも、ほどほどに(笑)

ベトナム料理、及び麺料理フォーは今ではかなり市民権を得ていて、様々なところで食べられるようになりました。

お店ごとに微妙な違いがあるので、食べ比べも楽しいかもしれませんね。

リンク:ベトナム料理 有楽町イトシア
バインセオサイゴン



食事に満足しお店を出て、しばしカフェで事務作業をした後は、有楽町駅近くのあるものを見て帰りました。

それが「南町奉行所跡」という案内板。

南町奉行所というと、町奉行大岡越前を思い出しますね。

有楽町イトシア前 南町奉行所跡

こちらは有楽町駅イトシアのすぐそば、駅前広場の一角にありますよ。

a.ito

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ



人気ブログランキング




    コメント