食べ歩き録 代々木「トスカーナ」日本一おいしいミートソースパスタ

こんにちは。

この日はお昼前に仕事で移動中、出先でランチをとろうと周辺の美味しそうなお店を検索。

今回は代々木周辺、以前に「アンコールワット」というカンボジア料理店に行ったので、今回は別ジャンルにしようということで、面白そうなイタリアンのお店を選択。

そのお店、「日本一おいしいミートソースパスタ」というメニューがあるらしく、興味を抱かないわけがない!

ということで、その看板メニューのある「トスカーナ・TOSCANA」へ。


「トスカーナ・代々木店」の地図はこちら。

大江戸線で代々木駅に到着。

お店の場所はJR代々木駅西口からすぐのところらしい。

代々木駅西口から北に歩くと、大きい通りと分岐して飲食店が多く立ち並ぶ通りに入ります。

このあたり一帯はオフィス街ということもあり、お昼時にはランチのため外に出ているオフィスワーカーの人達で賑わっています。

代々木トスカーナ 近くの通り

しばし歩くとトスカーナの看板やメニュー表などが目に入ってきます。

代々木トスカーナ 近くの通りからの外観

コロナの影響でしばらく休業していたようですが、ちょうどこの日から営業再開とのこと。

お店に入るなり、手指の消毒をするよう促されました。

なんとそのディスペンサー、手をかざすと自動で消毒液が出てくるタイプのもの!

休業するとそれだけ経営にも響いているはずなのに、細かい心配り、経営努力には頭が下がりますね。


メニュー・注文システム

ランチメニュー。

パスタやリゾット、ピザなどがあります。

左上の看板メニューの位置には、日本一おいしいミートソースが陣取っています。

右側の和風ダシのカルボナーラがすごく気になります。

イタリアンでもひとひねりしてる感じが良いですね。

代々木トスカーナ ランチメニュー

カルボナーラに少し気持ちを持っていかれるところでしたが、初回ですし初志貫徹で一押しメニューのミートソースを頂くことにしました。

ついでに、ちょっと興味をそそられていた引き割り納豆のトッピングも追加で注文。

さて、どんな味なのでしょう。

 

店内の様子

店内は清潔感のある空間。

入ってすぐのところにはカウンターと少人数用のテーブル。

代々木トスカーナ 店内の様子代々木トスカーナ 明るい店内

奥のほうにはテーブル席や洞窟のようなVIP個室があります。

楽しく美味しい時間を過ごせそうです。


実食

食事が到着する前に作法を予習。

席の横に「おいしい食べ方」として手順が紹介されていました。

代々木トスカーナ 日本一おいしいミートソース 食べ方

まずは麺だけ、徐々にソースとパラペーニョを絡めていって食べていけと。

しかし、パスタ屋に替え玉は面白いな!今回はパスしました(笑)

さて、パスタが運ばれてきました!

ん?ミートソースとは思えないビジュアル・・・。

代々木トスカーナ 日本一おいしいミートソース 引き割り納豆トッピング

そう、ソースは器の底に入っているんです。

正確には、上にソースをかけるか、下に敷くかを選べるのですが、お店のオススメに従って下敷きにしました。

なんかもうビジュアルだけで興味津々。

パスタにはチーズがまぶしてあって、脇には引き割り納豆のトッピング。

まずは麺からいただきます!

もっちりした食感の生パスタ、小麦とチーズの風味でそのまま食べても美味しい!

ソース無くしてそのまま全部食べてしまいそうになるぐらい。

替え玉がメニューとして用意されているのも納得です。

さて、少し麺のみで食べていったので、徐々にミートソースと絡めて食べていきます。

ミートソースは甘味は控えめで、コクと深みが強い大人のミートソース。

徐々に、パラペーニョソースと引き割り納豆と絡めていくと、毎度味の変化が見られて最後まで美味しく食べられました!

代々木トスカーナ 日本一おいしいミートソース代々木トスカーナ 日本一おいしいミートソース パラペーニョ



非常に美味しかったのですが、日本一おいしいかどうかは正直わからなかったかなー。

っていうのも、私のようなバカ舌だとミートソースパスタは全部美味しく感じてしまう(笑)

ただ、麺もソースも絶品でした。

今度は替え玉をして、麺だけでじっくり食べてみたいところ!

ごちそうさまでした!

リンク:トスカーナ代々木店

退店後はアポの時間までしばし周辺を散策。

代々木駅西口にあったビルが取り壊されて、代々木駅の駅舎があらわに。

改札口は比較的新しくなっている箇所もありますが、古い部分は少々レトロ感があって良いですね。

代々木トスカーナ 代々木駅西口方面

a.ito

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ



人気ブログランキング




    コメント