探訪録 墨田区・両国「旧安田庭園」国技館隣の日本庭園

こんにちは。

数々の史跡、名勝のある下町、墨田・両国エリア

私用で定期的に訪れる機会があるので、時間の取れる時に散策しようと計画を立てていました。

今回は土曜日に両国を訪れることになって、しかもその日が連休の初日ということもあって、ゆっくり散策を楽しみました。

訪れたところは、JR両国駅近くにある「旧安田庭園」

場所はこちらです。






最寄り駅は、JR総武線・両国駅。西口から徒歩5分ほどのところに庭園はあります。

両国駅を出てすぐのところに、両国国技館があります。

ちょうど、大相撲の初場所が始まる時期で、国技館界隈もにぎわいを見せていました。

力士ののぼりもたくさん!国技館での相撲観戦もいずれは体験してみたいです。

国技館の脇を通り過ぎてすぐのところに、旧安田庭園の入口があります。

ここは西門で、JRや国技館から見て近いほうの入場口。

なんとこちらは入園料が無料!


庭園の歴史は江戸時代前期、元禄の頃から。

やはり名前の通り、旧安田財閥とのゆかりもあるとのこと。

入口から真っすぐ進んで間もなく、心字池という池が姿を現します。

庭園の向こうにはスカイツリー、庭園の周囲にはホテルなど高い建造物もいくつかあって、なかなか良い風景です。

まずは順路にしたがって池の周りを一周してみることにしました。


庭園を一周しながら、それぞれの位置から見える景色を楽しみました。

池自体はコンパクトながらも、その周りには緑がたくさんあって、リフレッシュしながら散策できました。

池の周りを一周するのには、ざっくり見るのであれば10分程度。

のんびり景色を楽しみながらの場合は30分弱というところでしょうかね。一通り散策するのであれば30分あれば十分でしょう。


庭園の中、南東側には、駒止稲荷というお社がありました。

池の北側には、野鳥が集まるスポットがあり、ハト、ユリカモメ、スズメなどの鳥を見ることができました。

野鳥観察もなかなか面白いですね。

当方素人のため、鳥の種類の見分けがつかないのが悲しい。

ユリカモメ(と思われる鳥)

動画の質は良くないけど、雰囲気は何となく伝わるかと思います。

スズメ


木や花など植物も充実していて、植物の名前が書かれたプレートもありました。

1月という時期に関わらず、緑がいっぱいでした。

時期によってはまた違った種類の植物が楽しめそうですね。

こちらは、ヤブツバキという花。

敷地自体はそれほど大きくないながらも、まずはぐるっと池の周囲を一周し、植物観察、野鳥観察もできて、とても良い空間でした。

退出は東門から。

今回は立ち寄りませんでしたが、横網町公園というところも東門のすぐそばにありますね。

都営大江戸線から向かわれる方は東門を利用されるとよろしいかもしれません。

先ほども書きましたが入場無料!

下町散策しつつ、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

リンク:旧安田庭園

a.ito




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ

人気ブログランキング

    コメント