家飲み録 ルジェ クレーム・ド・ストロベリー

こんにちは。

突然ですが、酒類愛好家であるワタクシ。

日頃は、スコッチウイスキーやジャパニーズウイスキー、ブランデーなどを愛飲していますが、なかなか最近は飲み歩く元気もなく、家で気軽に飲めるように何本か常備しています。

購入するお酒の種類や銘柄はその時その時で変えていますが、せっかくなので美味しいお酒については都度ブログで紹介しようかなと。

と言いつつ、今回はリキュール(笑)


イチゴのリキュール「ルジェ クレーム・ド・ストロベリー」

最近新たに購入したのは、「ルジェ クレーム・ド・ストロベリー」というイチゴのリキュールです。

ラベルに「FRAISE」とありますが、フランス語でイチゴの意味ですね。

アルコール度数は15度ですが、そのまま飲むことはないのでお酒が弱い人でも大丈夫かと思います。

700mlでだいたい1,500円程度で購入できます。

ルジェ クレーム・ド・ストロベリー

・そもそもリキュールって?

リキュールとは、調べてみると、蒸留酒に果実やハーブなどの副材料を加えて香味を移し、砂糖やシロップ、着色料などを添加し調製した混成酒のこと。

果実系、薬草系、ナッツ・種子系などに大別されます。

あまりお酒に詳しくない人でも知っているところでは、カシスオレンジの材料であるカシスリキュールやファジーネーブルの材料であるピーチリキュール、コーヒーリキュールのカルーアなどでしょうか。

今回のルジェのシリーズだとカシスがよく見かけますね。


まずはストレートでテイスティング

風味を確認するため、少量をそのまま飲んでみました。

ひたすら甘くて、イチゴジャムのような味わい。

お酒ということを忘れてしまいそうな甘くて味わい深い風味です。

ただ、もちろんそれなりの度数のお酒なので飲みすぎ注意ですが(笑)

色も真っ赤で鮮やか。カクテルにしても赤色が強いものが完成しそう。

ソーダで割ってみる

ストロベリーソーダ。

ルジェ クレーム・ド・ストロベリー ソーダ割り

濃さや分量はお好みでという感じですが、リキュール1に対して、ソーダ3あたりが適量でしょうか。

炭酸の風味で甘みが若干抑えめになるので、さっぱり飲みたいならちょうど良いかと思います。

タンブラーなどのグラスに氷を入れて、リキュールとソーダを注いでマドラーなどでやさしく混ぜます。

強く混ぜたりすると炭酸が抜けてしまうので注意です。

甘みや強い風味が欲しいのであれば、トニックウォーターやジンジャーエールで割るべし。

一応、ビンのラベルには、おすすめの飲み方として、「ストロベリーレモネード」が紹介されていました。

ストロベリーリキュール 30ml
ソーダ 90ml
レモン1/8カット × 4コ


ミルクで割ってみる

ストロベリーミルク。

ルジェ クレーム・ド・ストロベリー ミルク割り

ロックグラスなどでリキュールとミルクを入れて、よく混ぜます。

これがなかなか絶品なのです!

甘めで牛乳を使用するのでカロリー心配ですが、強いお酒を飲んだ後のシメにもオススメです。

余談ですが、結構ミルクって色々なリキュールとの相性が良いんですよね。

カルーアミルクはもちろんのこと、カシスのミルク割り、なんてのもアリです。

女子か!って言われそうですが、強いお酒が好きな方もたまには変化球でいかがでしょう。

a.ito




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ

人気ブログランキング




    コメント