食べ歩き録 門前仲町「カフェ東亜サプライ」駅前のレトロな喫茶店で休息

こんにちは。

最近はカフェ・喫茶店というと、チェーン店が主流になり、東京都内どこの駅前も同じような店舗が軒を連ねていますよね。

私は出先で作業することが多々あるので、駅の近くに馴染みのカフェがあると非常に安心します。

とはいえ、その分コーヒーを飲みながらのんびりくつろいだり、コーヒーそのものの風味や香りを楽しんだり、という機会も少なくなってしまいました。

本来はコーヒーは飲み物ですし嗜好品ですから、そのものを楽しんでなんぼです。


私なんかそれほどコーヒーを理解しているわけではありませんが、それでもたまに美味しいコーヒーを飲みたいなと思う時があるわけです。

そんな時に気軽に入れて、かつ昔ながらの雰囲気の良い喫茶店があるので、何かの折に尋ねるようにしています。

門前仲町の交差点角にある「カフェ東亜サプライ」。

「カフェ東亜サプライ」の地図はこちら。

門前仲町。名前の通り神社仏閣の門前町として栄えたエリアで現在も活気のある街。

都心からも近く、永代通りと清澄通りがぶつかる地点で、東京メトロ東西線と都営大江戸線がクロスするところでもあります。

大江戸線ができてから、さらに便利になりました。

カフェ東亜サプライはその門前仲町交差点の北西角の建物の二階にあります。

一階にコーヒーの挽き売りをしているコーナーもあります。

入口から少々レトロな雰囲気が漂っていますね!

左側に「自然の実りを飲む」と書かれていますが、よく考えるとコーヒーも植物。

最初にコーヒーを作った人は何を考えて焙煎したのでしょうかね。すごい発明。

さて、喫茶のある二階に上がりましょう!


階段も雰囲気があってとても楽しみです。

メニュー・注文システム

階段を上がると、ウエイターさんに人数を伝え、席を案内されます。

メニューはコーヒー、紅茶等、通常の喫茶店にあるようなメニューの他、スペシャルティコーヒーとして各国・各品種のコーヒーも楽しめます。

また、デザートや、ここには載せていませんが軽食メニューもありました。

美味しいコーヒーが飲みたかったので、まずはコーヒーを注文しましょう。

この日は、エチオピア・モカイルガチェフを。

 

店内の様子

店内は広々としてリラックスできる空間。席数も多い。

また、古い喫茶店にありがちな薄暗い雰囲気とは異なり、大通りの角の二階だからか窓から入って来る光が店内に明るさをもたらしています。

こちらには何度か訪れていますが、いつ行ってもそれなりに賑わっている感じですね。

立地の良さもあるのでしょうが。

広くて賑わっている分、ウエイターさんは大変そう(笑)

商談や仕事ついでに来ている人もいれば、単純にコーヒーや喫茶店の雰囲気を楽しみに来ている人まで。

客層からかあまりガヤガヤしないのもいいですね。

ちなみに、禁煙でしたので、タバコ苦手な方でも問題ないです。

コーヒーを楽しむ一つには香りの良さもありますからね。そこも重要。


実食

まずは、エチオピア・モカイルガチェフを頂きます。

まずはちょっとだけ口をつけてみると、コクがしっかりで酸味もほどよく爽やかな味わい。

香りも後味も非常に良い。

何よりもとても落ち着きますね。

チェーン系のカフェと値段だけで比較してしまうと割高な感じはしますが、これだけのクオリティのコーヒーをそれほど高くない値段で頂けるのは有難い。

雰囲気も込みで最高の贅沢である。

さて、一杯目を頂いた後は、どうしようかしばらく思案。

お昼を頂いてコーヒーも飲んで、せっかくなので甘いものも頂こうかということで、店内の掲示にあったモンブランを注文することにしました。

ゆっくりくつろいで長時間滞在するものも良いですが、せめて何か頼まないとね。

モンブランもこりゃまた最高だ。中にクリームたっぷり。

ケーキがしっかり甘い分、アイスコーヒーの本来の風味も感じられ一石二鳥。

この日はお昼から贅沢をしてしまった分、晩ご飯は控えめにさせて頂きました(笑)



先日テレビで見たのだけど、若い世代の中でクリームソーダが流行しているらしい。

理由はやはり「映え」、フォトジェニックだからだそうです。

クリームソーダというと昭和の喫茶店のイメージですが、チェーン店のカフェ全盛の時期に再びこちらのお店のような雰囲気の良いレトロな喫茶店にスポットライトが当たると良いなあなんて思いました。

リンク:カフェ東亜サプライ -食べログ

a.ito

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ



人気ブログランキング




    コメント